読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

journal

釣り,ロードバイク,読書,金融,情シスにかかわることを書きます

ほのぼの

最近、人の話を聞いていると、この人は頭がいいとか、教養があるとか、もしくはその逆だ、といったフィルタをすぐにかけてしまう癖がついてきてしまいました。人を評価するような立場には無いので、あまり良い癖ではないとは思いつつ、ざっくりした選別をすると何かと楽なのかなと思っています。

また、僕が未だきちんと知らない日本について、最近気になるようになってきました。人のふり見て我がふり直せ、なのでしょうか。高校生の時に古典が嫌いで全く読めなかったので、教養として読んでおきたいなあと、ようやく思い始めました。ところで、なぜ教養が必要とされているのでしょうね?今度考えてみます。大学でも工学部でしたが、1~2年次は経済史などを受講しました。やはり、どうしても「受けさせられている」という感覚がありました。

さて、古典ですが平家物語は口頭伝承でもあり、面白いのかなと考えていましたが、友人に何か面白い古典はないものかと話したところ「ちはやふる」という少女漫画を紹介してもらいました。競技かるたをテーマにした漫画です。百人一首古今和歌集)の内容がたまに紹介されていて、かつ主人公を応援したくなる内容でもあるので、つい古典のことを忘れて漫画に没頭してしまいます。

また短歌つながりですが、俵万智さんのtwitterが面白いです。ほのぼのしますね。たしか中学校の国語の教科書にサラダ記念日が紹介されていた記憶があります。その時は面白みを感じられませんでしたが、今は何か滋味深いと感じます。齢をとるのは悪いことばかりではありませんね。