journal

釣り,ロードバイク,読書,金融,情シスにかかわることを書きます

新ポイントの開拓

昨日なかなか、思う通りの釣果を上げられなかったので、本日は新ポイントを開拓をすることにしました。

仕事で使う資格試験の受験勉強を午前中に済ませて、Google Mapで3箇所に目星をつけて自動車でポイントに移動。

ポイント1 近くに河川が流れこむ漁港1

まだ日があるので、ワームで釣行開始。漁港の外海の方に陣取る。まずはアナハゼがバイトしてくれました。想定どおりにボトム付近でリグを操作出来ているので、同じメソッドで釣りを続けます。メソッドはキャストして着底したかな?というところで、1回竿をしゃくってワームが頂点に達したかな?というところで、ワームが自分に近づいたであろう距離の糸の長さをリールで巻取りながら竿先を下げます。なお、1.5gのジグヘッドだと、私は着底したことをしっかりと認識できません(修行不足です)。糸も出ないし着底しただろうといった感じで着底と判断しています。だた、糸が出ないことだけを着底のサインとしてしまうと、強風時なんかはまったく着底を認識できません。さらに、長い間、底でリグを放置すると潮の流れのせいなのか根掛かりしてしまい、げんなりしてしまいます。
30分ほどで2匹のアナハゼしか釣れませんでした。あまりメバル、ソイを初めとした根魚がいなかったのか?それとも根魚に効果的なメソッドではないのかもしれないです。外海側のテトラは入り組んだ形ではなく、移動しやすいので、雨や雪でも釣りやすく、夜になれば根魚も狙えるかもしれない、という評価としました。
さて、次のポイントに移動しようかなあ、と思い、漁港の内海の方を眺めながら車に戻る途中、あれ?なんか黒いところと、砂地で明暗が分かれている?なんだあれ?おっと、青物の大群だ。テニスコート3面分くらいの大きな群れだ。どうりで、海鳥が騒いでいるわけだ。
魚種を確認したいので、車に戻って、5gほどの小さなメタルジグ用のタックルを取ってきて釣行再開。群れの中にキャストするもヒットしない。なんでだろう?ラインが魚に当ってビンビンと竿に振動を伝えてくるのだけれどなあ。5分ほどキャストを繰り返して、ようやくヒット。アジでした。
3匹釣ったらやめようと考え、その後も同様に群れにメタルジグをキャストします。スレでいいからヒットしてくれと、気持ち強めにジャークさせると、ヒット。あれイワシだ。

同じ群れに違う魚種がいるっていうことがあるものなのでしょうか?

 

ポイント2 小さなボートの船着場

船着場だけあって2mほどの水深もある。まだ日があるのでワーミングで開始。アナハゼがバイトしてくれました。水面を見ると小さなアジや、顔を覗かせたらすぐに逃げてしまったけれどおそらくサヨリも付いているよう。テトラが無いので、メバルやソイが付くストラクチャが少なく、ウィードも茂ってはいないので、メバル釣りには厳しいかもしれません。30分ほどの滞在でポイント変更することに(僕の中では素早い判断)。結局、3匹の小さなアナハゼのみが釣果でした。僕が帰る頃に別のアングラーさんが来たので、やり方やキャスト箇所によっては良い場所なのかもしれません(僕が気づけていないだけ)。根魚は厳しく青物ならジギングで釣れるかもしれない、確認作業がさらに必要という評価にしました。


ポイント3 行く道を忘れそうな漁港

17:30くらいに現場到着。平日だからか先行者はエサ釣りの初老の男性が二人のみ。ここのポイントは船着場あり(きちんと確認しなかったけれど水深は5m以上ある)、常夜灯あり、簡単に漁港の隣の小磯にアクセス可(初老の男性の一人はここで釣りをしていた)、すぐそこに山の崖があり伏流水もおそらくある、立派なウィードがテトラに茂っている箇所もある。おお、やっと出会えた、これまでの釣行で、1番最高のポイントです。難点を探すとしたら、沖の本流へ堤防からキャストしようとすると、堤防に高さがあるので、強風だとやり辛いかなというくらいです。
魚のいつきそうなポイントをサラーッと確認。天候が曇りだったので、日はあったもののワーミングからミニマル50deepでのプラッキングに早々に変更。水面を見ている限り、ウミタナゴメバルか判別つけられなかったけれど、魚はかなり表層を意識している模様。デイからカブラでやっても本日なら良い釣果を上げられたものと推測します。
結局サラーッと確認、の作業では何もバイトしてこず、1番釣れそうな立派なウィードがテトラに茂っている箇所に陣取ることにして、釣行開始。常夜灯の明かりがうっすらと射しているのでリッジ35Fのアミ(グローボール入り)で開始。釣れるまでの間は長く感じるものです。10キャストほどしても当たりがないので、あれ、いないのかな?やはりそう簡単にはいかないかと思っている時に、おっと竿先が持って行かれた。15cmほどのメバルバイトしてくれました。本当に嬉しい。2釣行ぶりくらいの久々のメバル(今は夏休み中ですが、普段は週末しか釣りにいけない)。水面で時折パシャパシャしているのは、やはりまぎれもなくメバルだと確信して、二匹目のドジョウを同じパターンで狙います。なお、メソッドはポンプリトリーブからの6秒カウントほどのステイです(本当は10秒ほどステイのカウントをしたいのですが、待ちきれずリールを巻いていしまいます、修行不足です)。なお、僕の殆どのメソッドは動画「プラッギングメバル・パーフェクトマニュアル~加来 匠(レオン)」で紹介されている通りにやっています(やっているつもりです)。
https://www.youtube.com/watch?v=L7JDbcmix74

2匹目も先ほど連れた後の1キャスト目で釣れました。うん、パターン発見だ。では別のパターンを試してみよう。メバペンメバル ナトリウムネオンで水面に浮かせてみます。おお、メバルが2キャストに1回くらいの割合でバシャっと水面にアタックしてきます。そして、フッキングしない!4~5アタックに1回くらいの割合でフッキングしてくれます。いや、それにしてもプラグにこれだけ好反応なことは今までにはありませんでした。メバペンでも釣れることを確認できたので、次はレオン氏のショップであるINXで販売しているシュガーミノースリム95F ハイパーイカナゴでチャレンジ。うーむ、バイトしてこない。やっぱり少しのレンジの差とルアーのシルエットなどで釣果が違うということなのですね。95mmのでかプラグでメバル釣れたら最高だろうなと妄想しつつ、メバペンでも釣れるならポッパーではどうかと考え、ジップベイツのザブラポッパータイニー のスイカのような柄でチャレンジ。1バイトありましたが、フッキングには至らず。そして、発見だったことは、メバペンメバルと全くバイトの頻度が違う。メバペンメバルが10だとしたら、サブラポッパータイニーは1くらいかな?レンジは水面で一緒なのになあ。結局、ポッパーでは釣れませんでした。また別のメバルの捕食パターンの時に試してみよう。なお、帰宅後にメバルの胃の中を確認したところ、消化がすすんでしまったのか、きちんとしたカタチを残したベイトを確認できなかったのですが、小さな目が2つチョンチョン並んでいるのを幾つか確認できました。アミでしょうか?いわゆるアミパターンってやつだったのでしょうか?
その後、レンジを少し下げてみたらどうだろうかと考えて、リッジスリム60sと60サスペンドでやってみました。そして、サスペンドはお尻だけ少し沈んで、全体は沈まないので、ほぼフローティングに近いことが分かりました。もともと渓流ルアーですし、ソルトで使うと、こうなってしまうのかもしれません。フック変更も影響しているかもしれません。そして、どちらにもバイトしてくれてメバルをキャッチできました。メソッドは60sはトゥイッチからステイおよびスローリトリーブ、60サスペンドはトゥイッチからステイ。1番残念だったのはリッジスリム60sのスローリトリーブでものすごいでかいであろう当たりがあったのに、フックが外れてしまったことです。いつものメバルとは違うような、ものすごい首振りの振動が伝わってきました。ただのスレで大きな振動が伝わってきただけかもしれませんが、もしかしたら尺メバルがいるかもしないという評価にします。リッジスリム60sのフックを細軸に変更して再チャレンジします。

総括ですが、今回はいつもよりかなり釣れました。夏に入る前のような釣果、かつそれをプラッギングで達成できて本当に嬉しいです。やばいな、やばいな、楽しいな、楽しいな、ふと潮を確認してみると、はい、「大潮」だったんです(稲川淳二風に脳内再生してください)。

~~~~~
潮 大潮 
釣行時刻 14:30~23:00
場所1 近くに河川が流れこむ漁港1
場所2 小さなボートの船着場
場所3 行く道を忘れそうな漁港

タックル1
ダイワ月下美人79UL-T
シマノULTEGRA 2000HGS
クレハ シーガー R18 フロロリミテッド 3.0lb(0.8号)
リグ1
土肥富 レンジクロスヘッド 1.5g
ダイワ クロスビーム1.5インチ

タックル2
ダイワ月下美人76L-T
シマノULTEGRA 2000HGS
モーリス アジングマスター ダブルクロスPE 5.4lb(0.3号)
リグ3
メジャークラフト ジグパラマイクロ 5.0g

タックル3
ダイワ月下美人76L-T
シマノSTRADIC CI4+ 2500S
クレハ シーガー R18 フロロリミテッド 4.0lb(1.0号)
リグ3
ブリーデン ミニマル50deep(今回は釣れず)
ジップベイツ リッジ35F アミ(グローボール入り)

タックル4
ヤマガブランクス ブルーカレント 91/TZ Long Cast
シマノSTRADIC CI4+ 2500S
クレハ シーガー R18 フロロリミテッド 4.0lb(1.0号)
リグ4
スミス メバペンメバル ナトリウムネオン
バスデイ シュガーミノースリム95F ハイパーイカナゴ(今回は釣れず)
ジップベイツ ザブラポッパータイニー スイカ(今回は釣れず)
バスデイ SPM75
ジップベイツ リッジスリム60SP クリアーオレンジ
ジップベイツ リッジスリム60SP 蛍光クリアーピンク(今回は釣れず)
ジップベイツ リッジスリム60SS イエローダイアモンド
~~~~~

f:id:hayashi-xxxxx:20160915111512p:plain

f:id:hayashi-xxxxx:20160915111531p:plain

f:id:hayashi-xxxxx:20160915111559j:plain

f:id:hayashi-xxxxx:20160915111622j:plain

f:id:hayashi-xxxxx:20160915111643j:plain

f:id:hayashi-xxxxx:20160915111711j:plain

f:id:hayashi-xxxxx:20160915111735j:plain

f:id:hayashi-xxxxx:20160915111752j:plain

f:id:hayashi-xxxxx:20160915111811j:plain

f:id:hayashi-xxxxx:20160915111830j:plain

f:id:hayashi-xxxxx:20160915111850j:plain

f:id:hayashi-xxxxx:20160915111908j:plain

f:id:hayashi-xxxxx:20160915111934j:plain

f:id:hayashi-xxxxx:20160915111959j:plain