journal

サラリーマン奴隷のふとしたことを

性欲と元気


■20代の性欲
20代の頃は、当たり前に女の子にもてたかった。
キレイだな思う職場の女性などと友達も交えて、
複数人で何度か一緒に御飯を食べに行ったこともある。
その時間を楽しく過ごせればそれで目的達成だった。
セックスしたいとまでは考えなかった。
(少しはあったかもしれないけれど目的ではなかった)
その時に少しでも、いい男だなと思われれば嬉しいなという感じ。

何だか今、思い返してみると奇妙に感じる。
そんなんでよかったのかと。

結婚して子供ができると、女の子にもてたいと思わなくなった。
転職したこともあって、周りに若い女性がいなくなったこともある。
女の子への好奇心はアウトドアや釣りなどの趣味に向かった。

■ストレスで悩み病院に行く
転職した職場で1年前に部署異動があり、これまで経験したことのない
仕事でだいぶストレスがたまり、追い込まれてしまった。
日常生活を送る意味がないとか、生きていたくない、とかそんなことを
考えるようになっていた。

何だか、このままだとマズい感じ、心療内科に行った。
病院では、深いことを聞かれることなく、睡眠はとれているか?
とか仕事に行く前に落ち込むのか?とか聞かれた。
ただ、処方された薬を飲むうちに、元気になってきた気がする。
さらには、今までになかった「性欲」みたいなものが
蘇ってきた。女の子にもてたいと考えるようになった。

■またモテたいと考えるようになった
先日、会社の先輩に、俺のお気に入りの女の子を紹介するからと
言われ、キャバクラに連れて行ってもらった。
その先輩に気に入られた女の子は21歳で、これから就職で
上京するという、背の高いすらっとした女性でとても素敵だった。
短いスカートの裾にどうしても自分の目がいってしまう。

キャバクラからラーメン屋に移動して、先輩が話をしてくれた。
「別にやれなくてもいい。話ができればそれで十分だ。」
「あの子も東京に行くけれど、別に東京で遊べる子もいる。」
とのことだった。要するに、セックスできなくてもいい、
話ができて今楽しければ良いということなんだろう。

20代の頃の僕と同じような考えなのかもしれないと思った。
夜の世界にお金の使うこと自体は良い使い方だと思う。
けれど、僕の場合はそのお金でスーパー銭湯に行って、マッサージをしてもらって
ダラダラと過ごすほうが良い。
要するに好み、というか食わず嫌いなんだと思う。
(風俗に行った話を聞くのはとても好きだ)

今の僕は、いい関係を築けるのなら、セックスまでしたい、絶対に。
夜の姉ちゃんではなく、普通の女の子と。
まあ、そんな相手はなんていないし、僕とそいうい関係になってメリットが
ある女性なんていない。僕には嫁と子供がいるので傷つく人だっている。

今の職場には若くて綺麗な女性もいるけれど、
変に手出しして傷つけないように自制しないといけない。

悶々としてしまうから、体でも鍛えて気分を紛らそうと思った年末年始であった。